スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルニア国物語 /第一章 ライオンと魔女   NARNIA

2006–02–27 (Mon) 00:00
Lion_witch.jpg

  神秘の世界に導かれて

★★★★★☆   公式サイト


原作では、なんとナルニア滅亡の第七章で完結するらしい。 折角なら、ディズニーにとことん最後まで作って欲しいな。しかし、最後は何年後でしょうね?。。(遠)

扉の向こうに魔法の国が存在して、その世界で自分がお姫様になって・・・なんて、子供の時は想像してわくわくしてたっけ。異次元への期待・・・それは、まるでドラえもんのどこでもドア!であり、ファンタジーの傑作も人気漫画も、そこに子供達の夢が反映しているからこそ永く愛され続けているに違いない。
そこは、C.S.ルイスの童話がリアルに躍動するとても不思議な世界。足を踏み入れたその世界での体験を通して兄妹は絆を確認し成長してゆく。
人間の言語を喋る動物たち、半獣、半魚人、木の精、ドワーフ、サンタの住むナルニアの国が、まるで童話から飛び出したようにクオリティ高く鮮明に再現されている。

白い魔女(ティルダ・スウィントン)がエドマンドを手なずける為に、魔法の水を一滴垂らして、雪を暖かい飲み物やターキッシュディライトに変身させる、その映像化された魔法のシーンがなんだか楽しい。そのシーンは、お気に入りの童話『雪の女王』の雪の女王とカイの出会いにかなりリンクする。

「女王は、おなじびんから、雪のなかへまた一しずくたらしました。
するとたちまち、緑色の絹のリボンでしばった、まるい箱があらわれ、
それをひらく、おいしそうなプリンがどっさりでてきました。
どのプリンもふわふわして、あまくて、これ以上おいしいものを
エドマンドは食べたことがありませんでした。」
(原作より)

つくづく思ったのだけれど、ティルダって15世紀ルネッサンス画家、ファン・エイクやフラ・アンジェリコの絵画の中の女性像のような現世的ではない無機質さが有って、大天使や魔女を演じたらはまり過ぎる!それに、今回はあまり賢くない部分も巧みに演じている。 それに対するアスランはCGとはいえ百獣の王の貫禄。リーアム・ニーソンの声もその風格と内面の奥行きを感じさせる。
原作者ルイスが聖書から応用した場面でもある「裏切ったエドマンドの代わりに生贄になる」ところでは、アスランが偉大なだけではなく、心優しき善と英知の持ち主であることを印象付けている。

ただ、映像のクオリティが高い反面、ありがちなお子様向けのチープさが否めない。監督のアンドリュー・アダムソンは実写よりシュレックみたいなアニメの方がお得意なようで、闘い方や悪役キャラも、ロード・オブ・ザ・リングと被ってしまって新鮮味に欠けるし、戦い慣れてないピーターが先陣切ってるのもピンとこない。盛り上がるはずの見せ場が生かされえていないといった印象。それに、氷の張った湖に落ちたら凍えて心臓止まりそうだけど、子供たちはそこまで寒そうでもないんだよねぇ・・。そういうのがリアルでないのよ。

クルクルと変わる表情の愛らしいルーシーと微妙な役で頑張っていたエドはともかく、ピーターとスージーにはあまり魅力を感じなかったなぁ。成長した彼らも然り。
メイキングでヤギの足を持つ半獣タムナスさんジェームズ・マカボォイの足が緑のタイツだったけど、映像ではとても見事に合成されていていた。「もう若くありませんから」というお馬さんの言葉にもクスッと笑えました(笑)


実は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの原作者J.R.R. トールキンと、「ナルニア国物語」の原作者C.S. ルイスとは親友同士という興味深い事実がある。2人はオックスフォード大学の職員で、ルイスが28歳、トールキンが34歳のときに同僚として出会う。お互い「神秘的な物語は魂の糧となる」という共通の信念を持っていたことから意気投合し、文芸サークル「インクリングス」を結成。お互いの才能を認め合う親友同士となった。そしてルイスは1950年に子ども向けの妖精物語として「ナルニア国物語」シリーズを、トールキンは1954年に大人向け妖精物語として「指輪物語」シリーズを出版した。[YAHOO! MOVIEより]
テーマ→見た映画 / ジャンル→映画

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。