スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かもめ食堂  ruokala lokki

2006–04–11 (Tue) 00:00
prof1.jpg

幸せなのは美味しいこと

普通だけど何だかおかしい人々。
そんな人々が織り成す
妙に懐かしく心地良い、
かもめ食堂の物語。


★★★★★★★★   公式サイト


東京から10時間、日本から最も近いヨーロッパの国、フィンランド。そんな何だか遠くて近い国フィンランドの首都ヘルシンキの片隅で日本人のサチエが健気に営むかもめ食堂。

かもめ食堂は決して人を拒絶しない。あくまでもゆるやかに当たり前に美味しいコーヒーを淹れて誰にでも開かれている。でもカフェではなくあくまでも食堂なのがサチエのこだわり。通り過ぎていたフィンランドの人々もふと立ち寄りたくなるそんなお店。人間てなんとも愛しいものだな。そんな風にここで綴られる人間模様は感じさせてくれる。

フィンランドで偶然出会ったごく普通の日本人、サチエ(小林聡美)とミドリ(片桐はいり)とマサコ(もたいまさこ)彼女たち三人の存在感がなんとも絶妙で凄く良い。 
きっとこの国の人たちは日本人とどこかしら似ているし、日本人の置き去りにした素朴な何かを持っている気がする。だからこそ、演じた彼女たち自身も、せかせかとせず流行に左右されず、自分をしっかり持った自然体なところがこの国に馴染んでいるのだ。
絶妙な間や、ちょっぴり不思議なファンタジーシーンも、なんだかゆるぅーく心地よくどこかクスっとなるのが良い。スナフキンとミーが父親違いの兄妹だったなんて知られざる事実にも軽い衝撃が(笑)

開店して一ヶ月経っても全く客足のないかもめ食堂。それでもサチエは市場に買出しに行き、リネンでコップをピカピカに磨き準備を整える。
そこには彼女の信念があるのだけど、彼女を見ていると、当たり前のことを当たり前にきちんと繰り返すことの重要性を体感した気がした。それも主婦だったら、日々家事の繰り返しに飽き飽きとして、生き甲斐を見出せないことも日常にはある。
でもサチエが教えてくれるのは、その当たり前のことをきちんとこなすことの中に、贅沢で素敵なことが秘められているのだということ。まごころを込めた仕事には、誰かが幸せを感じてくれればというひそやかな喜びがある。彼女の立ち振る舞いには、そんなオーラが穏やかに放たれているから、見ていて清々しい。

20060218_42595.jpg
食堂には、色とりどりのヌルメスニエミのコーヒーポットが大小5個も並んでいる。これはディスプレイの為のモノだけど、やっぱり可愛いなぁ。アルテックの家具にイッタラの食器、そこに料理を盛った和食器がまた馴染んでること。あぁここのコーヒー、飲みたくなるくらい美味しそう。コピ・ルアックのおまじないやってみようかな。
サチエの自宅のキッチンでは、サルパネヴァのキャセロールからじゃが芋の煮物をよそっていた。以前、買おうか買うまいか随分迷ってたこのお鍋。さらっとこんな風に使ってみたいものだ。そしたら食堂の方にも待機してた。

パン生地にシナモンを振りかけてくるくる巻いていくシナモンロールの焼きあがる瞬間漂う良いカオリ。ジュジュっと揚げた唐揚げや豚カツをザクザク切ってお皿の上へ。そして三角に握られるおにぎり。それをたいらげるフィンランドの人々の笑顔が楽しい。
でも、お腹が空いていた私には非常に危険な感じ。劇場はお腹が鳴ると意外と響くんだもの(笑)

それにサチエの洋服やキッチンの布巾までもがさり気なくて素敵でツボ! 柄on柄でもフィンランドテキスタイルの上級な組み合わせならこんなに可愛いものなんだ。あのエプロン欲しいなぁ。マサコさんのマリメッコもインパクト有ったけど、なんか粋だったな。

あとプールに浮かんだサチエとBGMでつぶやくように流れる白いカーネーションのシーンの浮遊感が妙に好き。トンミとミドリ、マサコとリーサの会話も微笑ましくも妙に可笑しい。いいなこのセンス!
soundtrack.jpg
きっとDVD買うな。かもめ食堂で繰り返される日々の営みも、ミドリの手描きのメニューも、フィンランドの澄んだ空やアースカラーな風景も、この国の持つ淡々とした空気感も、クスッと笑えるセンスも全部良い!
パンフも&サウンドトラックのジャケットも可愛くてこれまたツボです。むふ。
テーマ→かもめ食堂 / ジャンル→映画

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。