スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エル・スール  EL SUR

2007–07–11 (Wed) 00:00

0845.gif  


こぼれ落ちたひとすじの泪

★★★★★★★★  



おぼろげな闇の中 淡く差し込む光の輪郭
窓の外の薄枯れた、どこまでも静かな景色
どこか寂しげな、簡素で丁寧に暮らす人々


そのエリセの静謐な内的世界観がどんなに心地よかったことだろう
私はエストレリャ自身であり、エストレリャの眼差になっていた


それは、大人になった少女の静かな追想


父が残した振り子に込められた意味を感じ取り
エストレリャの頬にこぼれる一筋の


10年に一本の映画しか撮らないといわれるビクトル・エリセ
かすれたような曖昧な輪郭に浮かぶエリセの映像は
まるでセピア色の写真を見るような懐古的隠喩さに満ち
人間への限りない郷愁が詩情豊かに紡がれている 


北スペインの片田舎 「わたし」の家には
いつも、少し謎めいた父と 父を見守る堅実な母
住み込みのお手伝いさんが居て
そして、いつも父の姿を追っている「わたし」が居た
そして父はエル・スール(南)に忘れ得ぬ想いがあった


振り子で水路を当てる父の神秘的な横顔に
憧れと興味と誇らしさを抱くエストレリャ
幸せに満たされた聖体拝受の儀式のとき
「どこにも行かないでね」と父の耳元でささやいた


好奇心でこっそり覗いてしまった父の秘め事
「わたし」の知らない大好きな父の別の横顔
父を待って、ベッドの下にそっと隠れてたささやかな反抗


「わたし」が、少女からちょっぴり大人になってゆくように
父も、以前の父とはもう違ってしまった


遠くを見るような父の眼差しに秘められた深く静かな悲しみ
心の深淵に焼き付いた忘れられない父の姿 
「わたし」の旅立ち


少女頃の追想は懐かしさと静かな痛みを伴うものだった


あの後、エストレリャは何を見て、何を感じたのだろう・・・
どんなことを考えていたのだろう・・・
それがとても気になっている

テーマ→オススメの映画 / ジャンル→映画

バッド・エデュケーション  LA MALA EDUCACION

2007–07–10 (Tue) 00:00
119.jpg


 ある一つの愛のカタチ

 ★★★★★☆
 公式サイト

私はゲイには偏見はない方だと思っている。それは、きっと昔、はとこのお姉さんの影響で、竹宮恵子さんの名作漫画「風と樹の詩」を読んでいたからかもしれない。少年たちの禁断の愛は、子供の目にはとても衝撃的且つ鮮烈で不愉快さも感じたけれど、次第に、圧倒されるほど美しく儚く耽美な竹宮ワールドにどんどん惹きこまれていった。だいたい私の中のイメージなんて少女漫画が始まりなのだから、まず美しいとかそういったレベルを超えてないのだろうと思う。

しかし、この作品はそういう印象ではなかった。当たり前といえばそうだけど。スペインの寄宿舎で起った衝撃的な出来事が一人の少年の人生を変えてしまった。イグナシオとエンリケはあの事件によって、離れても特別な存在になっていた。

アルモドバルといえば、独特の色彩センスを持つ監督である。そしてゲイを定義した作品も多い。
自伝的半生を描いたといわれるこの作品でも、一癖も二癖もあるような人間臭い登場人物たちが、それぞれの苦悩と向き合い絡み合いながら、彼独特のスペインの鮮烈な色彩で描かれている。過去と現在が交錯し、次第に謎が明らかになってゆくのだけど・・ 愛とか欲望というものをある意味考えさせられる。
しかし、マイノリティ否定論者ではないけれど、元神父の醜悪さは思いっきり引いてしまった。はぁー物悲しい。ガエルも体張った役結構多いよね。彼らが本当はゲイではなく演技だと考えると凄い。妙に感心してしまった。

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。