スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらん

2007–09–23 (Sun) 00:00
102ba246-s.jpg

-- --  ★★★★★★

極彩色の模様に彩られた遊郭の
--赤 丹 朱、緋 紅--


金魚鉢の金魚の如く捕らわれし身の遊女たちの
陽に当たらぬ柔肌がその赤き世界の中で、
ほの白く艶めいている。


俗世的でありながら浮世離れした女人の囲われし世界は
男の欲望と女の情念、嘘と真の儚い色恋
それを手練手管で逆手に取る女の意地が渦巻いている。


遊郭といっても今までの映画のように湿り気がなく
どこかカラリとあっけらかんとしている。
蜷川実花の世界観の中では土屋アンナもアートであり、
椎名林檎の唄でそのアートを昇華させようとした。
物語ありきというよりアートありきで肉付けした感じ。


物語はどこかしら「SAYURI」的始まりであり
いかに作り手の美意識に酔えるかにかかっている。
この感性を楽しめる人の為の作品なのである。


ちなみに、私もその美意識は感じた方だと思う。
一つ一つの小物や美術に蜷川実花のこだわりと計算が感じられて、
極彩色の連続なのだけれど、意外と目が疲れることもなかった。
金魚鉢の風情と使い方が好き。
ただ、木村佳乃の顔の迫力がなんだか・・・怖かった。笑
リアリズムの宿の二人も出てたー。笑

この森で、天使はバスを降りた  THE SPITFIRE GRILL

2007–09–07 (Fri) 00:00
imgc3d66300zikezj.jpg


そして天使は新たな伝説になった

     ★★★★★★★


彼女が夢見た美しく寂しいギリアドは
全てを再生するチカラを秘めた場所。


彼女は心に深い傷を負った戦士だった
いつしか心のドアを一つずつ開け放ち
戦士の鎧を脱ぎ捨てたとき


深い痛みと喪失の果てに訪れた
受容、母なる想いの顕在、浄化。


彼女はギリアドの美しい自然に溶けてゆく。


彼女は未来への徴 -しるし- を
種を蒔くようにそっとこの地に残した
それは、たくさんの小さな奇跡を芽吹かせてゆく。


悲しみ、共存、共鳴、恵み
命あるものすべてはこの地で再生し始める。


そして天使は新たな伝説になった。



----------------------------



邦題が原題に勝っている作品です。
ギリアドの自然が心洗われるように美しく
この物語の大事な要にもなっています。
美しい音楽もさり気なく映像を引き立てています。

彼女のひたむきで純粋な姿に
忘れていた想いが呼応するように湧き上がり
いつしか頬に涙が伝っていました。

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。