スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーロラの彼方へ  FREQUENCY

2005–12–27 (Tue) 00:00
frequency1.jpg

オーロラが起こした奇跡

地球を取り巻くオーロラの幻想的なオープニングが
ただならぬ気配を感じさせる。

★★★★★★☆




30年以来のオーロラがNYの空に現れた夜のこと、36歳の刑事ジョンは、偶然、死んだ父のアマチュア無線を見つけた。そこに突然通信してきた相手、それはなんと30年前の父フランクだった。
オーロラの現れた過去と現在が、時空の歪みによって繋がった瞬間だった。ジョンは、消防士として殉死したことを父に知らせ回避させる。でも、その変えられた過去によって、今度は母が殺されるというとんでもない現実を生んでしまう。



クロスしたのは、『バタフライ・エフェクト』
過去を変えれば、未来はとんでもない方向へ変わってしまう・・という
共通したパラドックス物ではあるのだけど、ジョンは過去に戻れる訳ではなく、父との無線だけが過去を繋ぐ唯一のプラグになっている。
現在と30年前が同時進行し、変化した過去の断片的な記憶のみが、ジョンの脳裏には記憶されてしまう。

scene3.jpg scene2.jpg
父に生きていて欲しかった。もう一度会いたかった。

なかなか巧みな脚本で、通信相手は死んだ父なのか?・・・というところから一気に観客を引き込み、中だるみもないテンポ良さは飽きさせない。
登場人物それぞれの設定が上手く絡み合いながら物語は進行し、父と息子がヤンキースファンというのも重要な役割として物語を膨らませている。
30年前が変わると、途端に現実にも結果が現れる場面も面白い。

ただ、ジョンに襲い掛かった犯人の存在は一体・・・と疑問を感じたり、オーロラの頻繁な出現やラストは、ちょっと都合良く感じなくもない。
でも、ありきたりの家族物ではないところが良い。

ジョン役のジム・カヴィーセルは、衝撃作『パッション』の崇高で凄絶なキリスト役とはまるで違う、人生の壁にぶつかった陰のある普通の青年を演じている。そして、善良で暖かい父の存在感がとても良かったデニス・クエイド。まさにアメリカの良き父親像ではないだろうか。
彼の存在感が、親の有り難さ、家族の大切さをより一層感じさせてくれる。
テーマ→映画感想 / ジャンル→映画

« キングコング  KING KONG(2005) | HOME |  小獣ちゃん »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「『オーロラの彼方へ』・テレビ」

今日、0:58~日本テレビで『オーロラの彼方へ』がやっている。 《私のお気に入り度:★★★★★》 ち  …

「オーロラの彼方へ」

オーロラの彼方へ『オーロラの彼方へ』(''Frequency'')は、タイムパラドックスを題材とした2000年のアメリカ映画。30年の時を越えた「声のタイムトラベル」で結ばれ  …

トラックバックURL

http://griet.blog39.fc2.com/tb.php/10-a9293581

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。