スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛適齢期  Somthing's Gotta Give

2006–02–02 (Thu) 00:00
200509_img_7.jpg
究極の選択?

ふわっと広がる幸せ気分。
所詮、恋愛物・・・とタカを括ってはいけませんことよ。
(ジブンに再確認)


★★★★★★★


それは、いきなり訪れた恋の予感。
ちょっと複雑な出会い方だったけれど、60代のハリーと息子ほど年の違うジュリアンがエリカの前に突然現れた。 成り行き上、ハリーとの共同生活をするハメになり、ぎこちないながらもゆっくり流れる時間の中で、同世代だからこそ共感できる感覚に、少しずつ心を通わせてゆく二人。 その一方で息子にも近い青年の一途な愛に戸惑いながらも、トキメキを隠せないエリカがいた・・・。



ほんとそうなんですよ。最後に幸せな気持ちがふわっと訪れました。
まさに、大人のかわいいラブ・コメディ。

m040308cc.jpg
 エリカは目覚めてしまったのです。
 ずっと忘れてたせつなさで胸が締め付けられ
 もう、苦しくてじっとしてなんていられない。
 厄介で、自分でも情けなくて愚かなほどの恋心。

ダイアン・キートンってすごくチャーミングで、恋に恋する姿も可愛いの。
素敵に重ねた年が、自然と演技にも滲み出ていて魅力的。
披露したヌードだってスラリとして50代?ってラインなのよね。
ジャック・ニコルソンもちょっと小汚いなーと思う反面、いい味出しているし、
ジャックと対照的なキアヌは、知的でこれがとことん好青年なのよ。
彼の存在が物語に爽やかさを添えてました。

心安らぐ同年代の男性と、一途で若いハンサムな青年、どちらを選ぶ?
という究極の選択。それだけで女ゴコロを捉える作品なのかも。

恋する気持ちに年齢制限なんてないよね。
だって、精神年齢って一定のところで止まってません?
ちなみに、私の場合は24歳あたりかも。笑
色んな意味で、何歳になっても心の活性剤として、何かにときめいていたいと思う。

演技派二人が運んでくれたほんのりとやさしい気持ち。
映画っていいなーやっぱり。
テーマ→映画!映画!映画! / ジャンル→映画

« かぎろひ探訪 | HOME |  白バラの祈り ゾフィー・ショル最期の日々 Sophie Scholl: Die letzten Tage »

コメント

おめでとう~♪

megちゃん、映画のブログ開設おめでとう!
全然知らなかった映画がいっぱいあって
ビックリです~。
映画館にもなかなかいかれないのですが
今年は時間を見つけていろいろと観てみたいなあと思ってます。
近々「プライドと偏見」を観る予定です。
来月はナルニアは絶対観たいなあ。
「恋愛適齢期」は気になってたけど実はまだ観てないの。ケーブルで今月やってるみたいだから、観てみますね~♪

ありがとう~~

cherryちゃん カキコありがとう!来てくれて嬉しいですー。
私も思うように映画に行けてないの。今日も上の子が熱で学校休んで、明日は張り切って2本観る予定だったんだけど、どうなることやら・・って感じです。。涙 
てんこもりのところにUPした作品はどれも観たいんだけど、「イノセント・ボイス」だけこっちでやるか未定なの。涙 これは涙、涙らしいのでぜひ観たいんだけど・・・。「プライドと偏見」ぜひ感想をカキコにしてね^^ 私も「ナルニア」は子供と行く予定だよー。息子は友達と「シャークボーイ・マグマガール」(だっけ?)を観に行くそうです。「恋愛適齢期」はタイミング良く放映されるのねー。ぜひ観ていてね!良い作品だよ~。また映画のことお喋りに来てね~~。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://griet.blog39.fc2.com/tb.php/14-c10391f9

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。