スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隣人13号

2006–01–19 (Thu) 00:00
img6.jpg




因果は巡る・・・。





こういった類の作品、なかなか足を踏み入れる勇気のないわたくしも
とうとう観てしまったわ。隣人13号。
血生臭さ炸裂ではあるけど、人の心の重要性を突きつけられる濃い内容の作品でございました。

★★★★★★☆


心無いイジメによって、イジメられた人間の心がどれほど深く傷つき、それがトラウマとなり、時には深い闇を抱えることになるのかをリアルに考えさせてくれる。

イジメっ子だったら背筋がゾッとして慙愧の念を感じるに違いない。

過去の抑圧された恐怖や屈辱から別の人格を同居させる主人公。

小学校の時、自分をイジメていた張本人に再会したところから別人格が姿を現す。実際に何人もの人格がその時々で心を支配し、ある時には陽気なA、ある時には変わり者のBとなって、本来の人格はどこかに押しやられるというようなドキュメントを、TVなどでたまに見ることがある。

決して空想の産物ではない問題なのだ。

いやーー中村獅童は怖かった。小栗旬との対象的さが人格支配後のコントラストをより強烈に感じさせている。

イジメっ子の赤井のような人間は大なり小なりどこにでも存在していると思う。
「何年前の事だよ・・・」と赤井は愕然とする。イジメた人間はそんなものだ。しかし、イジメられた人間はトラウマとなって、今も苦しんでいるかもしれない。

自然の摂理として、自分のした事って必ず自分に返るもの

と私は考えている。何倍にもなって返ってくる可能性だってある。
まして周りや家族を巻き込むようなことだって赤井のようにあるかもしれない。

自分の言動には本当に責任持たなければと改めて考えさせてくれた。

このまま突き進むのか・・・と、重い気持ちで迎えたラストは、
意外にも救いが用意されていた。あんなに過激な血生臭さが、
スーッと浄化された感覚だった。

憎しみを溶かすのは心からの許し以外にはない。

イジメ問題がはびこる現代社会に警鐘を鳴らす作品として、
多くの人にゼヒ観て欲しい。きっと何か伝わるものがあるハズ。

« グラディエーター  GLADIATOR | HOME |  スタンドアップ  NORTH COUNTRY »

コメント

Blog楽しませていただきました。
私はe-アフィリというアフィリエイトサイトを運営しています。
宜しければこちらのサイトで当アフィリエイトに参加してみませんか?
1登録@1000円の成果報酬が簡単な登録で、今すぐ開始可能です。
ご興味があれば是非サイトをご覧下さいませ。

↓詳細は↓
http://e-af.net/?ho

オススメHPを紹介します!

HP探検隊のサガミです。
一押しオススメHPを紹介します!

「よめろぐ」http://yome-log.jp/ha

お嫁さん専用のブログみたいです。
姑さんや旦那さんの悪口を言ったり・・
普段聞けないお嫁さんのホンネが覗けて面白いですよ!
人に言えないことがたくさんあるお嫁さんは、ぜひ参加してみては?

独身女性はこちらをどうぞ!⇒ http://femi-log.jp



次はこちら!

「大人のブログ」http://oto-log.jp/ha

18歳未満の方は見ちゃいけないようなので、ご注意を!!
大人の方のエッチな体験談などがいっぱいです!
他では言えない大人の話をしたい方にはオススメです!

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://griet.blog39.fc2.com/tb.php/17-ff848f32

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。