スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エル・スール  EL SUR

2007–07–11 (Wed) 00:00

0845.gif  


こぼれ落ちたひとすじの泪

★★★★★★★★  



おぼろげな闇の中 淡く差し込む光の輪郭
窓の外の薄枯れた、どこまでも静かな景色
どこか寂しげな、簡素で丁寧に暮らす人々


そのエリセの静謐な内的世界観がどんなに心地よかったことだろう
私はエストレリャ自身であり、エストレリャの眼差になっていた


それは、大人になった少女の静かな追想


父が残した振り子に込められた意味を感じ取り
エストレリャの頬にこぼれる一筋の


10年に一本の映画しか撮らないといわれるビクトル・エリセ
かすれたような曖昧な輪郭に浮かぶエリセの映像は
まるでセピア色の写真を見るような懐古的隠喩さに満ち
人間への限りない郷愁が詩情豊かに紡がれている 


北スペインの片田舎 「わたし」の家には
いつも、少し謎めいた父と 父を見守る堅実な母
住み込みのお手伝いさんが居て
そして、いつも父の姿を追っている「わたし」が居た
そして父はエル・スール(南)に忘れ得ぬ想いがあった


振り子で水路を当てる父の神秘的な横顔に
憧れと興味と誇らしさを抱くエストレリャ
幸せに満たされた聖体拝受の儀式のとき
「どこにも行かないでね」と父の耳元でささやいた


好奇心でこっそり覗いてしまった父の秘め事
「わたし」の知らない大好きな父の別の横顔
父を待って、ベッドの下にそっと隠れてたささやかな反抗


「わたし」が、少女からちょっぴり大人になってゆくように
父も、以前の父とはもう違ってしまった


遠くを見るような父の眼差しに秘められた深く静かな悲しみ
心の深淵に焼き付いた忘れられない父の姿 
「わたし」の旅立ち


少女頃の追想は懐かしさと静かな痛みを伴うものだった


あの後、エストレリャは何を見て、何を感じたのだろう・・・
どんなことを考えていたのだろう・・・
それがとても気になっている

テーマ→オススメの映画 / ジャンル→映画

トラックバック

トラックバックURL

http://griet.blog39.fc2.com/tb.php/19-904540dd

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。