スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tess

2009–01–26 (Mon) 00:00
人生のベースに翻弄されながら、悲しい結末を選択するテス。
テスの純粋さは、一途でもあり愚かであったとも思える。それでも、
「愛されることは幸福ではない。愛することこそ幸福だ。」(ヘルマン・ヘッセ)
この言葉こそ、テスの愛。  詩情豊かに紡ぎだされる牧歌的な映像と、
清楚なナスターシャ・キンスキーが、ただただ美しい。



 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。