スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーク・ザ・ライン/君へ続く道  Waik the line

2006–03–06 (Mon) 00:00
d722d34c-s.jpg fe1f6a42-s.jpg
 
初恋から続いていた道

★★★★★★  公式サイト

  
グラディエーターの皇帝役が心底憎らしく感じたホアキン・フェニックス。それだけ彼の演技は素晴らしゅうございました。「グラディエーター エクステッドスペシャルエディション」の中で、ラッセル・クロウとリドリー・スコットが「今度、ホアキンがジョニー・キャッシュをやるらしいよ。フフフ。」と意味深に笑っていたのも気になり、ホテル・ルワンダのカメラマン役でも印象を残した彼の新境地に期待を寄せていました。

エルヴィス・プレスリーやカール・パーキンスと共に、50年代ロカビリーの黄金期を築いた伝説の歌手ジョニー・キャッシュ。 ジョニーの人生は、生い立ちが全てのベースを作っています。

優しかった兄の突然の事故死による父(ロバート・パトリック)との確執。
兄が作業中に事故に遭ったと知った時、釣りから帰ってきたジョニーにどこに行ってたんだ』と言った父の言葉は、兄一人に仕事を押し付けた結果、彼が死んでしまったという自責の念を彼にに背負わせてしまいます。 
そして、『良い子は悪魔が連れて行ってしまった。何故お前じゃなくてジャックなんだ』 と行き場のない悲しみでジョニーにあまりにも酷い言葉を投げつけてしまう父。父からのモラルハラスメント(言葉や態度による精神的虐待)は、彼を自己否定の呪縛にかけてしまうのです。

悲しい現実を受け入れられないままトラウマを抱え、歌という拠りどころで心の穴を埋めながら生きてきたジョニー。
大好きだった兄とこっそり聞いていたジューン(カーターファミリーの次女)の歌声と、父の怒りを諌める時に口ずさむ母の歌声。いつもジョニーは彼女たちの歌に安らぎを感じ、自分の存在価値を歌に見出していたのだと思うのです。

成功してもどこか満たされないジョニーの、家庭を壊すほどのジューンへの情動。それは彼女に対する憧れだけではなく、兄と彼女の歌声を聴いていた幸せだった瞬間を回顧する気持ちが、彼を衝き動かさずにはいられなかったのかもしれないと思った。トラウマと思うようにいかぬジューンへの想いに苦しみ、ドラッグによって精神的均整を崩してゆくジョニー。
そんな彼を救えたのは、やっぱりジューンしかいなかったと思います。

ジューンはジョニーにとって、運命の女神だったのでしょうね。一般的に初恋を成就させる確立なんてかなり低いけど、彼は憧れのスターとの恋を成就させたのですからその一念は凄い。トラウマを乗り越えさせ、堕ちかけた彼を再起させた愛の力、歌の力って凄いなーと思います。
ステージで口をきかなかった年数は10年という宣伝文句は過剰表現では??と思いましたけどね。

自称音痴というホアキンの歌声は、リーズ・ウィザースプーンとのトレーニングの甲斐あってジョニー・キャッシュご本人の声になんとなく似てるなと思いました。アカペラの方はダメダメ(笑)あれではレコード化に無理があります。
リーズはハリのある声で巧いなぁと思いました。ジューンご本人より万人受けしそうな声だと思ったのだけどどうでしょう。

影のある役をやったらホアキンは本領発揮しますね。ただ、個人的にはコモドゥスと表情なんかやっぱりダブりまくりましたわ。鑑賞中かなり体調不良に陥り、早く終わらないかな・・なんて思って観てしまったし、なかなかレビューも書く気になれず、トホホって感じでございました(涙)

追記 (リーズ、オスカーに輝きましたね。私的には「スタンド・アップ」のシャーリーズ・セロンの方が良かったけど・・・。出演料もジュリアを抜いてハリウッドNo1女優になったばかり。)

« ナルニア国物語 /第一章 ライオンと魔女   NARNIA | HOME |  オペレッタ狸御殿 »

コメント

主演女優賞

リーズ、やりましたね~!オスカー!!歌はかなりいい線いっていたと思います。嬉しいですわ。
まあ、ホアキンの歌はそれなり?!でしたけど、でも上手いへたと言う基準よりハートを感じました。

charlotteさんへ

charlotteさーん いつもありがとうございます^^
リーズ、今頃幸せを噛み締めている頃でしょうか~。歌は巧いですよね!彼女、何やっても器用にこなしそうです。ホアキンは、よく頑張りましたで賞!って感じでしょうか。ハート感じましたね!

ホアキンボイス

こんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

自分はジョニーの歌声を聴いたことが無いので、ホアキンの低音ボイスがジョニーボイスだと思うしかないのがなんか悲しいです(苦笑

そう言えばホテル・ルワンダでも出演してるんですよね♪自分のトコはまだ来てませんが、凄く楽しみにしている映画です。

メビウスさんへ

早速、いらしてくださって嬉しいです♪エンドロールでご本人とジューンの歌が流れてましたよね?それで、なんとなく似てるな・・と思ったんですけど、やはりジョニーの方が渋いですよ。
ホテル・ルワンダ、これからなのですね~。ホアキン演じるカメラマンの言葉は的を得てて痛かったです。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「ウォーク・ザ・ライン」

ゴールデングローブ賞<ミュージカル・コメディ部門>主要3部門受賞作品賞・主演男優賞「ホアキン・フェニックス」・主演女優賞「リーズ・ウィザースプーン」アカデミー賞5部門ノミネート主演男優賞・主演女優賞・編集賞・衣装デザイン賞・音響賞ジョニー・キャッシュ・・・  …

「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道(評価:○)」

【監督】ジェームズ・マンゴールド【出演】ホアキン・フェニックス/リーズ・ウィザースプーン/ジニファー・グッドマン/ロバート・パトリック【公開日】2006/2.18【製作】  …

「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」

1955年、サン・レコードを創設したサム・フィリップに見い出され、エルヴィス・プレスリー、カール・パーキンス、ジェリー・リー・ルイスらと並ぶ米のカントリーミュージックシーンの大御所であり2003年他界したジョニー・キャッシュと、その妻ジューン・カーターの伝記的作  …

「『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』」

 カントリー歌手、ジョニー・キャッシュの波乱の半生を同じくカントリースター、ジューン・カーターとのロマンスを軸に描いた作品。  …

「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」

「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」WALK THE LINE / 製作:20  …

「『ウォーク・ザ・ライン』」

■監督・脚本 ジェームズ・マンゴールド■共同脚本 ジェームズ・キーチ、ギル・デニス■キャスト ホアキン・フェニックス、リーズ・ウィザースプーン、ジェニファー・グッドウィン、ロバート・パトリック、シェルビー・リン□オフィシャルサイト  『ウォーク・ザ・ライ  …

「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」

第78回 アカデミー賞   主演男優賞 ホアキン・フェニックス   主演女優賞 リース・ウィザースプーン   編集賞   衣装デザイン賞   音響賞 全5部門ノミネート作品 あぁ、なんだか羨ましいなぁ・・この二人。 見終わったとき、そんな感想が真っ先に思い浮かぶス  …

トラックバックURL

http://griet.blog39.fc2.com/tb.php/43-9f344df0

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。