スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチギ

2006–03–21 (Tue) 00:00
IMAGE_FILE_URL.jpg
世界は、愛で変えられる。

オレの17歳はアイツの強烈なパッチギから始まった。
歌ってはいけない唄と、あの娘の、挟み撃ちにあいながらあの頃の京都は激しく、怒濤の日々だった。


★★★★★

辛口になってしまいそうです。あの時代の雰囲気はとてもよく出ていたのだけど、全編通して繰り広げられるビーバップハイスクールばりの暴力シーンは苦痛になってしまった。無知なんだけど、1968年頃ってああだったの?
暴力の挙句、バスを横倒しにするわ、サッカーの親善試合で審判の教師にまで暴力が及ぶわ、誰がやったか明白だというのに警察沙汰にならないのは何故? 日本と北朝鮮の根深い問題を描いているにしてもねぇ・・。
 朝学の女学生たちが、あんなに激しい暴力を無表情で傍観してる心理も違和感あるし、単にこういうの苦手ってことなんだろうな。それを差し引いても人物描写も浅いし描き方が大雑把。在日北朝鮮側に好意的に描かれている反面、日本側が空っぽで魅力がまるで感じられない。

あと、シーンの繋げ方(ブラックインアウト)がかなり気になる。これが総合的に井筒作品だと言われれば、そうかもしれないけど。ただ、「イムジン河」の使われ方は効果的。一つの国がイムジン河で隔てられた悲しみが日朝問題にもシンクロして、物悲しさを誘うもの確か。

それから、妙に気になったのが、出演者の語り口や台詞が、まるで井筒監督そのものだということ(笑)登場人物に個性は有っても、結局、監督の演技指導のせいか(厳しいと評判だけど)語り口調も台詞に込められた人生観もどこか監督のコピーに見えて、どうも彼らにダブって井筒監督の顔がチラついてしまう

そんな中、沢尻エリカちゃんが役柄にピッタリと会っていて可愛く、あの時代に居そうな不思議さんなオダギリジョーの飄々さ加減は、暴力シーンにうんざりした気分をほっと癒してくれた(笑)

« イーオン・フラックス AEON FLUX  | HOME |  かもめ食堂  ruokala lokki »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://griet.blog39.fc2.com/tb.php/50-4b474796

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。