スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京マグニチュード 8 0

2009–12–18 (Fri) 00:00

DVD011.jpg
公式サイト

文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門最優秀賞受賞作
首都圏での巨大地震を想定し、膨大なデータと検証に基づいて
製作されたリアルシミュレーション地震アニメです。

久々、ズシンときました。
かけがえのない想いに胸が締め付けられるように・・・。 

東京が巨大地震に襲われたら・・・

ないとはいえない大災害の恐怖。考えるだけでも恐ろしい話です。   
私の住んでいる街も大規模火災で大変な状況という展開(怖)
伊豆で震度5の地震があったばかりでタイムリーですが、
東京に限らずとも起り得る話で、特に首都圏の被害は甚大です。
日本中に及ぼす影響は計り知れません。
現実にこんなことがあったらもっと悲惨なのでしょうけれど、
このように自分の置かれた環境でシュミレーションしながら
我が身に置き換えてみる機会はなかなかありませんよね。

そこに自分が居たら・・・?
大切な人たちはどうなったのだろう・・・・
こんな状況で、自分には何ができるのか・・・・
本編を観ると考えさせられると思います。

それと同時に、やはり家族の大切さというテーマが胸を締め付けます。
反抗期真っ只中の未来と、素直で思いやりのある悠貴
姉弟のやり取りが、切なすぎて胸が痛い。。。
悠貴が下の子に似ているというのもあって・・・
ラストで号泣  そして、MADを観てまた・・うるうる 
何度、泣いてるのよ・・って感じです。笑
しばらく、悠貴が心から離れませんでした。
大好きな人、大切な人を心から大切にしたくなるアニメです。

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。