スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桃色 Colour Blossoms

2010–10–19 (Tue) 00:00
T0003.jpg   



   
    
  ★★★★★★☆

 
ファン監督の作品は初めて。そして、視覚的に私は好き。
エロティックサスペンスといっても、まったく緊張感漂うシーンはないけれど、オリエンタルで退廃的な美しい映像が、ゆるやかなテンポに相まって優雅で妖しいエロティックな空気を纏わせている。


自分の美しさを知っていて男たちの視線を楽しんでいる制服フェチなメイライは、謎のゴージャスな熟女、梅木夫人のプリンステラスにある高級アパートの仲介を依頼される。内装も調度品もセンスの良いそのアパートに魅了されたメイライ。そこで過去に起きた事件を軸に、物語はメイライをいつしか愛の奴隷にしてしまう。


現在に過去が存在し、それはわざと時間軸のリアリティを与えようとしていないかのよう。これはいわゆるオーラの泉で奥田瑛二が体験したと言っていたゴーストとのメイクラブか?実際、友人がその体験があると言っていた衝撃の告白をふと思い出した。物語としては2流。でも、この作品は映像の美しさだけで〇と思えてしまう。

 
スタイリッシュなセクシーさのある小悪魔的な美女としてメイライを演じるテレサ・チャン、そのメイライがまるで小娘に思えるような円熟したマダム(ちょっとデヴィ夫人っぽい?)の貫禄がある松坂慶子の梅木夫人。トランス・ジェンダーのハリス演じる謎の美女、sho演じるカメラマンのキム・・・と俳優たちが美女とイケメンばかりであり、それがこの物語を彩るファクターになり、この独特の世界観の醸し出すヴィジュアルの美しさに魅入られてしまうようだ。ただそこだけがウリなよくあるドラマとは違う感性がある。女優たちの衣装も見所だと思う。


ただ、終盤が・・・。メイライがなぜそこまで懇願するまでになるのか・・・という心理描写がどうしても希薄。でも、この作品は重さのない希薄さがいいのかもしれない。メイライの妄想と現実とが秘めやかに共存するファン監督の世界を覗き見したような感じだった。

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。