スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラック・スネーク・モーン  BLACK SNAKE MOAN

2008–01–08 (Tue) 00:00
cd2bb474-s.jpg


つながりたい-

衝撃的な“愛”のカタチ





★★★★★★★☆     公式サイト  




皆、それぞれ心に何かしらの痛みを抱えて生きている。
母の胎内から下界に産み落とされた時点で
全てを受容するしか術のない私たち。
環境によって、体験した痛みは様々違うけれど、
大なり小なり、皆、苦しみもがいているのだと思う。


クリスティーナの演じたレイのセックス依存症は、
傍目から見れば異常にも見える。でもそのトラウマを、
単に異常と切り捨てることができるだろうか?
陵辱された苦痛と悲しみ、愛の欠乏、苛む孤独という
抱えきれない苦しみに押しつぶされそうな彼女の
激しい葛藤と心の叫びそのものだと思えた。


荒療治によって彼女を救おうとするサミュエル演じるラザラスにしろ、
パニック障害を抱える恋人のジャスティンにしろ、
それぞれ生きてきた背景に痛みを抱えている。
度々、挿入されるブルースは、絶望や悲しみ痛みをまるごと肯定する。
その痛みがあればこそ、他人の痛みに我が事のように手を差し伸べる
ことのできる人間に成長し得るのではないだろうか。
そして、痛みは揺るぎない信頼によって乗り越えてもいけるものだと
そう感じさせてくれる作品だった。


クリスティーナ・リッチがとても良い。女優魂がある。
彼女は演じてることを意識させないところが素晴らしい。
まるで素であるかのように・・・。
今後も、一作一作、着実に成長してゆく彼女から目が話せない。


劇場を出て、渋谷の街の雑踏を歩きながら、この人たちも皆、
様々な痛みを心に抱えているのだろうなと、ふとそんな思いになった。

« さくらん | HOME |  ベオウルフ/呪われし勇者  BEOWULF »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://griet.blog39.fc2.com/tb.php/70-0f6f658e

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。