スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自我同一性拡散 人間(男女共通)の傾向/Ⅲ

2010–06–10 (Thu) 00:00
Ⅱで取り上げた、自我同一性拡散 について考察してみたいと思います。 
 


私たちが通過した青年期は、自分は、こうなりたい、こうである、
という、一定の思想や理想に対する自分の姿を求める時期にあたります。


そして、主体性、独自性、過去からの連続性、及び集団帰属感や
社会的受容感の発見で、新たな自己像の再統合を果たし、
「自分らしさ」ともいうべき正確な自己像、
自我同一性(アイデンティティ)を獲得します。


そうでなければ、自分の人生に何を求めるかの点で
混乱した状態に陥るのです。


青年期には、一過性的に、正確な自己像が掴めない時期
「同一性拡散」状態が起ります。



しかし、思春期までに、様々な発達性障害を抱えてしまうと、
心理的離乳が果たせず、現実の自分と、理想の自分、
社会での自分にギャップを感じ、うまくバランスが取れないまま、
自我同一性ができず、成人期、中年期になっても、
アイデンティティが不確実なままということもあるのです。



自分という基準がなければ、自分は自分、他人は他人と
主体性のある考えが困難になります。


それによって、他人との境界線が曖昧で、他者に侵入したり、
他者の侵入を許したりするという、自己保護の障害が起ります。

見捨てられる恐怖、自己像の未確立、対人関係の不安定の特徴がある、
ボーダーラインも一つの傾向だと思います。


それは言い換えれば、自尊感情や、相手との親密性の障害になります。


自分を尊重できないと、相手を尊重できないからです。




特定の一人の異性と付き合ったり、ましてや、結婚するということは、
相手を尊重し、相手の存在そのものを愛するということです。
それには、お互いに自我同一性をしていなければなりません。


相手が自分に合わせてくれないからといって、
相手自身や人格(自我同一性)を否定することはできないからです。


自我同一性に失敗すると、特定の1人と付き合うことで、
普通は、意見の相違もあって当たり前ですが、
思うようにならない = 自己像(自分自身)を否定されている
と不安を覚えるようになり、過剰な自己防衛本能が働いてしまい
相手を責めたり、ときにはそれが攻撃的になってしまったり、
逃避してしまうといったことが起きます。 


そして、それが過剰になると、依存している相手を
「思うようにする」奴隷状態にしてしまうこともあります。 


それによって、孤独感に陥り、様々な依存症や、浮気や不倫に走る
また、それを助長させてしまうといったことも起るのです。



これは、特定の異性に限らず、友人や、人間関係でも同じ傾向です。
そして、男女共通の傾向にあります。

その状態にあると、冷静に認識することが難しいと思います。



思考の傾向には、必ずそうなった原因があり、原因は結果を生むという例です。 



前回は、アイデンティティの問題について、男子の浮気や不倫問題に特化しましたが、
肉体的な事情などで、浮気はしていなくても、自我同一性拡散の状態にある人もいます。
そういう場合は、モラル男子ではなく、浮気男子と同じ状態にあると思います。
一応、傾向として「浮気男子」とカテゴライズしていましたが、不確実男子(女子)
の方がいいかもしれませんね(分りやすければ、何でもいいのですが・・・)

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。