スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブライト・スター いちばん美しい恋の詩 / BRIGHT STAR

2010–07–01 (Thu) 00:00

美しい君への思いをどう表現すべきか 

輝きを超えて輝く美しい言葉が必要だ
 
いっそ僕らが夏の3日間を生きる蝶であったなら…
 
平凡な50年を生きるより 深い歓びの日々になる


 
 brightstar.jpg

                                     ★★★★★★☆  公式サイト 


25歳で逝去するまで、史上最も美しいとされるラブレターを、恋人ファニー・ブローンへ送っていた詩人ジョン・キーツ。その才能は後年、イギリス文学会の巨匠といえば劇作家はシェイクスピア、詩人はジョン・キーツ、小説家はディケンズと称えられるほど。

彼がどのような心情で詩をしたためていたか、あの美しい詩の背景にどんな恋物語が存在したのかとても興味を抱いた。綴るというより、インクとペンでしたためるといった表現がピタリとくる時代。そこに斬新な恋のカタチがあるのではなく、儚くも、詩のパラダイムと共に昇華してゆくせつない純愛。

 
二人は創作者だった。キーツは繊細な感性で詩を創作し、ファニーは得意の裁縫で一針一針ドレスや身の回りのモノを創作する。ファニーは、自分の裁縫の腕前とセンスに自信を持ち、好き嫌いにきっぱりした現代子、そんな彼女が、「私のお裁縫よりあなたの詩の方が上手だわ」と彼の才能と存在に惹かれ、キーツのなかにも日増しに彼女の存在が大きくなっていった。


自然はその創作者たちの純愛をみずみずしく彩り、装いは乙女を輝かせ、詩は二人の言葉となり、詩人は命を刻み込むように愛を謳う。恋した者が辿る甘い苦しみは、映し身を蝶になぞらえあの人の元へと想い羽ばたかせ、花がたわわに咲き乱れた枝の樹冠のベッドに横たわり、蒼穹の天蓋に魂を解放する。すべてが感受。小鳥のさえずりやクラシカルな調べが清潔な静謐感をより深め、歓びや華やぎ、命の息吹が、女性監督ならではのたおやかさと心地よいバランスで美しく散りばめられていた。
私はこの時代のイギリス女性の装いがとても好きなので、デザインや、布の素材の質感さえもまるでファニー自身のように楽しんだ。 
 

ベン・ウィショー演じるキーツのまぐわうような語り口で謳われる詩は、込められた真髄がより深く紐解かれるように心に響いてくる。詩人にアイデンティティはない・・・そうかもしれない。思考が停止すると感性が目覚める。その源流からほとばしるままに湧き出るものでなければならず、その瞬間の感性を切り取るものが詩なのだろう。消え入りそうなキーツの命の灯火と躍動する命輝くアビー・コーニッシュ演じるファニー。運命はせつなくも残酷に二人の恋を永遠にする。生死を超越するのは、唯一詩人の言葉だけという名越康文さんの言葉のように、詩とは肉体を超越した感受なのだ。


そして私の脳裏でこの物語と重なったのが、象徴的な題名を持つ、武者小路実篤の小説「愛と死」だった。
渡欧した小説家と、日本に残した婚約者は、再会を指折り数えて、想いのたけをしたためた文通を交わす。眩しいほどの喜びに溢れた手紙を待ち焦がれる二人のやり取りが、愛を知った素晴らしさを印象付ける。なのに、あと数日で逢える日に、その甘い苦しみは、恋人の死によって、一瞬にして身を引き裂くような苦しみに変わってしまう。
この「白樺派」純愛といわれる小説を超えた実話が、200年前のイギリスで存在していたのだった。

今もなお、数々の珠玉の詩の中で、キーツの愛の言魂は美しく輝き続けている。

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。