スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界線 / Ⅴ-3 

2010–08–20 (Fri) 00:00
Ⅴ-2で書いたことが通用しないケースも存在します。その例として、

DV、モラルハラスメント、パワーハラスメント、いじめ、虐待、ストーカー、PCによる被害、等・・・

境界線の侵入が極端になると、人権侵害や犯罪にも繋がるケースです。

実際、私の周囲でも、大なり小なり上記のような問題を耳にします。



このようなケースでは、侵入者は加害者、侵入される側は被害者という立場になります。

問題は、その行為が継続されたり加速されて、被害者にストレスを与え続けるということです。

加害者から送り続けられる、言葉や態度や視線や文字での「否定」や「支配」のメッセージは、

どんなに健全な人の心も不安定にさせ、侵入をブロックさせる力を失わせる力があります。

そのようなメッセージが送られる度に、被害者の自尊本能は不安や恐怖に支配されるようになり、

強い抑うつ感や自己否定、トラウマやPTSDを抱えて苦しむことになったり、

生存本能さえ失うほど追い詰められる場合もあるのです。

加害者の行為が、被害者への尊重に欠けているのは言うまでもありません。 



それぞれの問題とは言えないレベルなので、

そういう環境にあり辛いという自覚がある場合は、そこで我慢をしないで、

信頼できる人や専門機関に相談して、一人で抱えないことが重要です。

被害者は、自分に何か問題があるからではないかと思って我慢しがちですが、

それは、正常な状態ではないのだとまず認識することが必要です。

最善の選択は、できれば、勇気を持って加害者の居ない環境に変えることです。

なかなかそうはできないかもしれませんが、過剰なストレスを我慢して

その状態を維持することは、心身共に無理が出てきます。

加害者から離れても、しばらくは、後遺症で苦しむ人もいるからです。



加害者になってしまう人も、ある意味、被害者だった可能性があります。

深層心理には、心に痛みを抱えたアダルトチルドレンが存在し、 

過去のトラウマに脅かされる自尊本能を補う術として、特定の相手を支配することで

自分の価値を確認してしまうという心理が存在している側面もあるのかもしれません。



今は、社会現象のようにこういった問題が社会全体に潜在しています。

こういう極端な例を参考にしてみればとても分りやすいと思いますが、

境界線を曖昧にしないということは、お互いの尊重と存在肯定のための

基本の心がけであるように思います。

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。