スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベオウルフ/呪われし勇者  BEOWULF

2008–01–21 (Mon) 17:41
5785feb9-s.jpg
 
3Dなんだけど・・・


★★★★☆  公式サイト



「ロード・オブ・ザ・リング」そして「300」のスタッフが総力を挙げて
作ったという宣伝文句だけの前知識の元、観て来ました。
人を待つ間の時間潰しで、丁度上映時間が合ったからなのですが。


実は、実写と勘違いしていたのです。CMでも見抜けなかった。。
湖から現れたアンジー似の美女に誘われてるあのCM、
アンジーだとばかり思っていたのですよ(おバカ)


そのせいか、全編CGなのにはどうも違和感が強く、
CG特有の映像質感と、人物の動きや表情の微妙なぎこちなさに
最後の最後まで馴染めず・・・で終わってしまった。はぁ。。(ため息)
噂の3Dも、違和感の方に気を取られて、私にはあまり迫力が感じられず・・・。
特に胸に迫るモノもなく・・・・・・・。
お妃の清廉な歌声が良かったくらいかなぁ(笑)
あと、北欧が舞台で文化的なモノも反映しているのかなという
ちょっと興味の有る視点で観れたのは良かったかも。


単純なる「英雄 色を好む」=破滅的なストーリーです。
例え、怪物だと分かっててもアンジー似の美女の色香と
オイシイ話には勝てないのが男の性なんですねぇ。。
でもこのアンジー、どうも不気味で。。。
決して、「ロード・オブ・ザ・リング」や「300」を超えてません。

« ブラック・スネーク・モーン  BLACK SNAKE MOAN | HOME |  かもめ食堂 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://griet.blog39.fc2.com/tb.php/74-7ad68327

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

manuteriä

+ + + + + + + + + +

+ + + + + + + + + +
映画の感想 &
Potentialに響く音と映像
+ + + + + + + + + +

memo



映像+音は、一部を残し
順次削除予定です。

ひとつぶ →
ひとりつぶやきをぽつりと。




         

最近の記事

カテゴリー

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。